2018年6月19日火曜日

普通にクワガタがいる

近頃は伐採して葉が枯れた小枝を燃やすのが定型業務になりつつある。

これも庭の形がある程度できたら伸びた分だけ剪定するだけなので

こんなに毎日毎日燃やす必要は無いと思うんだけど今はいらない木を

ばっさばっさ切りまくっているので仕方がない。


今日も庭で小枝を燃やしたあとホースの水で消化して水道の蛇口を止めようとしたとき。

地面の上にコクワガタの雄を発見。

1週間くらい前にも家の外壁にノコギリクワガタの雄がくっついているのを

発見したばかり。

ほかにもスジクワガタのメス?とおぼしき虫も庭で何回か見つけたことが

あるんだよね。

お隣のご主人にノコギリクワガタ見つけたって言ったら

そんなの家の周りにいないって言ってたけど…

多分、ワシが暇だから見つけられるんだろうなー

2018年6月17日日曜日

なんで彼らは戦うんだろう…

ママが出張で不在の日曜の朝。

朝寝坊して適当な朝食を食べながら何となくテレビをつける。

子供が好きそうな番組はないかとポチポチやってると

なんかのアニメをやってたのでとりあえずそれを見せといた。

はぐっとぷりきゅあ。
(正式名称はいちいち記憶してないので平仮名表記)

すごいねー。

なんか悪(?)と戦いながらキャラが育児しとるがな。
(彼女たちが誰と戦っててなんで赤ちゃん育ててるのかは知らんが…)


視聴者側の育児中のママやちょっと大きくなった女の子が

弟や妹の世話をしているシーンと被せてある。

・・・のだと思う。

ポジティブに受け取るとアニメのヒロインと現実の育児をリンクさせることで

母子ともにプリキュアから「元気をもらえる」ような一面があるような気がした。

・・・が、私は仕事上つい制作者側の立場から見てしまうので

様々な制約がある中でついにそこまで視聴者を意識するようになったか!

…と感じてしまうのだ。

個人的には見る側を多少突き放したような作品が好みであるので

子供の横で見るだけで朝から逆にしんどい思いをしてしまう。

でも。

なんだかんだ言って制作サイドのたくましさを感じずにいられない。

私からすると彼らは完全にニュータイプだよ。

もうこの人たちに任せといたら日本は大丈夫だね。


強国である為にはエネルギーが必要なんだそうだ。

多分これって石油系資源とかの話をしているんだと思うけど

日本はやっぱりアニメや漫画で良いのかもね。

地球のどこかで紛争中の皆さんにも日本のこの手の妄想世界を

お届けしたいって真剣に考えてるのは私だけでしょうか??

無人機でばらまかなくちゃならないのは爆弾じゃなくて週刊少年ジャンプだと思う。



2018年5月25日金曜日

もう飽きました

日大のアメフトの話ね、

はじめ映像を見たときは

なんちゅー危ないことする選手だ?!

と思ったんですが…

もう慣れました。

今は

「ゲーム内の反則はゲーム内で清算したらいいだけの話でない?」

と思うようになった。

フィールド上のできごとに外部の人間がゴチャゴチャ言うのはいかがなものかと。

監督やコーチに記者が偉そうに詰め寄るところを見ると

「お前はそんなに立派な人間なのかよ?」

って言いたくなる。

危険な反則行為がダメなんだったら「反則したら二度と試合に出しません」っていう

ルールを作ったら良いじゃない。

プロレスなんて5秒以内なら何やったっていいんだぞ!!!

なんか近頃ってグレーゾーンに白黒つけようとするノリがあって

ちょっと怖いと感じる。

土俵の女人禁制だって別にいいじゃないか。

一般の男だって普通に生きてたら上がる機会なんてないんだから。

土俵上で市長が倒れても場外から一般の女性が救命する必要はない。

逆に言うと死ぬ覚悟をしてから土俵に上がれってことだ。

死なれて困るんなら男性ドクターを常に土俵下に待機させておけば良いだけなのさ。

そこまできっちり決めておけば良いのだ。

てか土俵に上がりたい女性市長って相撲や日本の歴史が好きじゃないのかなあ。

2018年5月15日火曜日

コメリカードを作ってしまった

引っ越し後に最寄りとなったコメリというホームセンターに今日も行った。
そこの近所にアヤハディオという別の大きめのホームセンターもあるのだが
無駄にデカいだけで欲しいものはそんなに無い。
ちょっと寂しい感じのコメリで十分だ。
というか…みんながアヤハディオに行くせいかコメリはちょっとやる気なさげ。
売れ残り商品が「え?」ってビックリするくらい値下げされてる場合があって
私のようなホームセンター好きには返って楽しい。
アヤハディオは精算の時に「ディオカードを作りませんか?」と
よく勧誘してくるのに対しコメリは
「コメリカードはございますか?」と確認をするだけで勧誘はしてこない。
逆に
「そのカードどこで手に入るんですか?!」
とさえ感じていた。

なのであるが…
今日は勧誘されました。コメリカード。
せっかくのチャンスなので「作ります!」って言ってしまった。

ちなみにディオカードは随分前に作っている。
てっきりコメリカードも似たような単なるポイントカードだと思っていた。

…が、まさかのクレジット機能付きカードなんだそうで。
年会費も500円くらい取られちゃう。
ちくしょう、しくじった。
でも今更断るのも返って面倒だなあと思ったので
流されるままにカードを作ることに。

と、ここで重ねてしくじったと思ったんだけど
クレジットカードって作るのが面倒くさいんだよね。
なんていうか形式的な審査がある訳で。

早く帰りたいのに職業やら年収やら家族構成やら現在ローンを持っているかどうかとか
プライベートにズカズカと踏み込んで来られました。

ま、いいんだけどさ。

それよりも職業を選ぶ際に該当するのが「自営業・自由業」って
ところだったんだけど…

自由業って一体なに?

サラリーマンを辞めて確定申告をするようになってから
自分のことをずっと自営業だと思ってたんですが…

気持ち的には自由業の方がしっくりくるんだよね。
何ていうか…理屈じゃなく言葉の響き的にさ。

私は自由業です!

ていうか…

俺、フリーマンっす!



2018年1月17日水曜日

二酸化炭素について

引越し先はすごく田舎なので木がいっぱい生えている。

昨年の台風は凄かったらしくあっちこっちで大きな木が
折れたりなぎ倒されたりしていた。

なので引越したら敷地内の木は防風林として残さねばならないが
あんまり高く延ばしすぎると葉っぱが屋根に落ちるし
それこそ大風が吹いたら倒れてしまうかもしれないので
間伐と剪定が必要となるはずだ。

切った木は1年くらい乾かして燃やせば燃料になるので
薪ストーブでも作って光熱費を節約すれば一石二鳥。

だが、随分と前から地球温暖化だの温室効果ガスだのと言って
物を燃やすという行為が何だか悪い事のように言われちゃってる
気がしたので小心者の私としては人の目がちょっと気になる。

地球温暖化という認識が本当に正しいのかどうかは
偉い有識者の方々にお任せするとして…
個人レベルの焚火が何を意味するのか少し調べてみた。

なんだけど…
うーん。
庭の木とか切って燃やすのって全く関係ないみたいね。

言われてみれば当たり前なんだけど
温室効果ガスとして悪者のように言われる二酸化炭素って
炭素と酸素がくっついたものなんだね。
炭素(C)だけでも酸素(O2)だけでも問題ない。
くっついた途端に悪者(CO2)になる。

そもそも炭素ってのは光合成やら呼吸やらで自然界を
ぐるぐると移動してる。(炭素循環)

昼間の植物は光合成で二酸化炭素を取り込むと炭水化物を作って貯め込む。
動物はその植物を食べることで炭水化物を体に取り込み、
呼吸で再び二酸化炭素に戻して空気中に吐き出すのね。

だから植物が燃えた時に出てくる炭素はもともと空気中にあったもので
燃やした時に出てくる炭素量は光合成で取り込んだ炭素量と同じなんだって。

要はプラマイゼロ。

無論、無計画な切りっぱなしはダメだと思うが、
余分な植物を切ってその場所で燃やす分には自然には何ら影響しない。
だって次の年にはまた生い茂る訳だから。

結局のところ化石燃料と言われるものを燃やすことが問題なんだって。
そういや、テレビもはじめからそう言ってたなあ。
でも、私が勘違いしてるくらいだからきっと他にも誤って認識してる
人がいっぱいいるのではなかろうかと。

化石燃料ってのは動植物が炭素を取り込んだ状態のまま
地中深くにずーーーっと閉じ込められてできたものなんだね。
だからそれを現代人が掘り出して燃やすってことは
あんまりやんない方がいいって事よね。

シエールガス天国になったアメリカとか
もともと資源の乏しい日本も海にはメタンハイドレートがいっぱいあったぜ!って
せっかく喜んでた矢先なのにパリ協定で「そんなもの使っちゃダメよ」
なんて言われちゃったんだねー。
「うるせー、ガンガン燃やしたるぜ!」って言いたくもなるわ。

いや、再生可能エネルギーはそれはそれで普通に推進すればいいわけだし。

アラブなんてもともと砂漠しかないんだから太陽光プラント作るのに
何の抵抗もないでしょうよ。(日影ができてかえって良さげ?)
でも日本は雨降るし、だだっ広い不毛な大地なんて無いし。
ほんと使えるのは屋根の上くらいだから
明らかに太陽光なんて不利じゃん。

他にも太陽の光が乏しい国ってきっとあるよ?
風の吹かない国もあるよね?
だからって原発はもう怖いじゃん?

どうしよう。
再生可能エネルギーなんて無いっす。

って思ってたら。

空気中の二酸化炭素から燃料を作り出す研究とかが
進んでいたんだねー。すごい。
二酸化炭素を別のものにできちゃえば確かに全て解決。
バンバン燃やしちゃいましょう。

はー、スッキリ。

ところでこういう事を考えていると今まで

石油から作ったプラスチックは自然に分解されない

土に還らない

悪者だ!

って思ってたけど…
石油系ってことは炭素系ってことで、
つまりは有機物であり、
案外と自然に近いものなのではなかろうかと。

しかもゴミとして燃やせば二酸化炭素排出になるので
燃やさずに炭素を抱えたまんま地中に埋めてしまうという
夢の島みたいな行為は理にかなっているのではなかろうかと。

未来少年コナンに登場するインダストリアでは
工場でプラスチックからパンを作っていて
子供心に「そんな無茶な…」と思っていたものだが
こうして考えるとそれも実はそれほど無茶な話でもないのかもと。

くそー、また宮崎駿にしてやられた!!!

2018年1月1日月曜日

海老蔵の信長

年末年始の番組がつまらなさすぎるので
録画を貯めこんでいた直虎を見ている。

しかし海老蔵の織田信長が怖すぎるわ。
暴れ者で描かれることの多い信長だけど
淡々と静かに殺していく感じは大人の怖さだね。

海老蔵の演技ももちろん良いんだけど
やっぱりそういう見せ方をチョイスした絵コンテが上手いなあと思う。

NHKって最近特につまんない番組が多いから
変なバラエティとか作らないで
大河と朝ドラと定時のニュースだけ放送して欲しいなあ。
あと「生さだ」は初心にかえってガチで低予算にして欲しい。

2017年11月30日木曜日

日馬富士が引退してしまった…

日馬富士けっこう好きだったのになあ。

悲しい。

体が小さいのにいつも全力でぶつかってる感じが伝わってきて良かったんだけどなあ。

それだけにすかされたり空回りして敗けることも多かったんだけど

頑張ってるから応援できたんだよなあ。


モーション的にもしっかり腰を落とした感じとかカッコ良かったなあ。

あと時間いっぱいでクルッと回って戻るところとかピシっとした感じを

通り越して愛嬌のある動きで好きだったのに。


ええやん。体育会系の連中が頭どつくくらい。

とか言ったらダメなんだねえ…最近は。